切らない包茎治療の特徴について考えてみよう

トップページ
お気に入りに追加
  

切らない包茎治療の特徴について考えてみよう

包茎は、クリニックで手術をして治すしかないというのが一般的な認識です。

メスを入れて余分な皮を取ってしまうのですね。手術としては特別難しいものではないですし、受ける人も多いです。

 

しかし一方で非常に重要な部分ですので、そこにメスを入れるのは躊躇しても当然と言えるでしょう。この辺りが包茎のもう一つの問題点です。

 

ところが最近、一部クリニックで切らない包茎治療が導入され始めました。

その方法はと言いますと、余っている皮を根元に寄せてきて、そこで固定するのです。

 

その結果、亀頭が露出した状態が保たれるという仕組みです。固定は接着剤での結合と糸による縫合があって、クリニックによって採用している固定法に違いがあるようです。

 

切らないという事で通常の手術に比べると簡単ですし、掛かる時間も短くて料金的にも安いというメリットがあります。

もちろん心理的な負担も少ないでしょう。ただし、この切らない包茎治療を行っているクリニックは、全体から見るとまだ一部に過ぎません。

 

ですから、居住地によっては物理的に治療を受けられない可能性もあります。

 

そして、この治療法は仮性包茎のみに適用可能です。特に接着剤での固定は軽度の状態に限られます。

真性包茎やカントン包茎の治療は、従来通りに手術を受ける必要があるのです。

 

またこの治療法は、永続的に固定するというよりは、癖付けをするというニュアンスが強いです。

ですから、必ず包茎が改善するとは断言出来ないという面があります。