EDを治すには自分に対するサプライズが必要

トップページ
お気に入りに追加
  

EDを治すには自分に対するサプライズが必要

私は現在50歳ですが、40代の半ばぐらいにEDになりました。EDという呼び方も何か本当に病気に罹ったようで、私自身は好きではありません。

余計な本格的っぽい治療を施さないと治らないように思わせる悪い風潮だと思いますので、ここではインポテンツ(インポ)と呼ばせていただきます。

 

私がインポに気づいたのは、妻とのセックスの時です。それまで、月に二回と日を決めて、お勤めを果たしていましたが、急に勃起しなくなったのです。

丁度、勤務先の会社では、これ以上の昇進の目処もなくなり、失意のどん底に沈んでいたので、その影響もあったのだと思います。

 

一度インポになると習慣になって、次の回からも勃起しなくなりました。さすがに私もまだセックスについては現役で頑張りたいという欲があったので、悩みました。

ここで精力剤を飲む事も考えましたが、一度飲むと習慣になり、免疫もできてしまい、一生、セックス前は飲まないといけなくなると思ったので、それ以外の方法を探った結果、高級ソープランドにいって極上サービスに我がペニスをさらしてみる事にしたのです。

 

そこで選んだのが滋賀の雄琴の入浴料50,000円のソープランドです。

ビックリしたのがそのサービスの丁寧なこと、私の身体のお尻の穴の中5ミリを含めて、全身を舐めてくれ、そのタッチの気持ちのいいこと。今まで経験したことのないサプライズです。

 

この段階で、嬉しいような悲しいような、ギンギンに勃起しました。またフェラチオの最高に上手なこと、竿から尿道にかけての急所を完全に熟知しているようで、そこでたまらず大放出してしまいました。

 

ところが、再度舐めてもらうと再び勃起し、二回戦の騎乗位での本番ではとろけるように腰全体が持って行かれるかと思う程、気持ちよく精力を全部出し切った感じでした。

 

EDの人はだまされたと思って、一度、高級ソープランドに行って下さい。本当のプロフェッショナルは違いますから。それからの私は、一度自身が復活すると、ウソのようにインポが治り、現在に至っています。